腟カンジダ(カンジタ)ってどんな症状?

腟カンジダ(カンジタ)ってどんな症状? カビの仲間になる真菌が引き起こす病気になります。
カンジタの主な症状は、ヨーグルト状のおりものが増えたり、水泡ができそれが破れることによって炎症を引き起こします。またその炎症から排尿障害を感じることもあります。
自然に治ってしまうことも多い病気になりますが、重症化することも多く軟膏や膣錠を用いて治療を行います。
何度もぶり返すことが多いのがカンジタであり、症状がひどい場合は膣洗浄も加えて完治を目指すこともあります。
基本、常在菌による自己発症になりますが、それでも性行為によって感染するリスクもあります。性病に分類されていますが、言い切ることができない病気になるでしょう。
再発を繰り返すことも多いですので、体質として表れる場合は、通気性を考えた衣装を着るのも良い対策になります。
下着やガーターまたはジーンズなどに気を付けて、通気性を良くすることでカンジタの発症を防ぐことが可能です。
また免疫力を高めるのも効果的な対策になるでしょう。

性器に関する病名のひとつであるカンジタとバルトレックスの有効性

性器カンジタ症は、特に女性に多い疾患です。もともと体内に存在しているカビ菌が、何かの拍子に動き出して、症状を起こしてしまうのです。
そのため、必ずしも性行為によって発症するものではありません。
日頃の疲労やストレスが原因となって、ある日に突然発症するケースがあります。感染しやすい病気なので、発症したらできるだけ早く病院へ行って治療をした方が良いでしょう。
カンジタ症の主な治療には塗り薬を使用しますが、症状が重い場合には飲み薬を処方されることがあります。中でもバルトレックスは非常に有効性の高い飲み薬として定評があります。
バルトレックスに含まれている成分が体内に取り込まれると、症状の原因となっているウイルスを攻撃して、ウイルスの増殖を防ぎます。
またバルトレックスはカンジタ症だけではなく、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などの症状にも有効性のあるお薬です。
症状が出てなるべく早くバルトレックスを服用することで、ウイルスの増殖を防ぎ、症状を軽くすることができます。