妊娠中のカンジタは早期治療!

妊娠中のカンジタは早期治療! カンジタ菌は体内にいる常在菌のひとつですが、体調不良や抵抗力が落ちると膣内で増殖し、炎症を引き起こしてしまいます。
特に妊娠中はホルモンバランスが崩れ、体力の消耗が起こったりしてそのその菌の増殖を抑える免疫力が弱まってしまうのでカンジタ膣炎になりやすい傾向があります。
症状は、おりものの分泌量の増加と外陰部のかゆみです。日常生活に支障をきたすこともあります。
また、この症状を放っておくと出産時に、赤ちゃんが産道を通るときに感染してしまう恐れがあります。感染すると赤ちゃんの口内や股が白くなったり、皮膚炎を発症したり、おむつかぶれがひどくなったりしてしまうのです。
ですから、妊娠中にカンジタ膣炎になったら、早期に治療すべきなのです。
その治療法は薬に。膣内に抗真菌剤の膣錠を入れてカンジタ真菌の増殖を抑え、塗り薬でかゆみや腫れを抑えます。
この際、途中で薬をやめると再発の原因になるので、膣炎になってしまったら早期に薬治療を始め、きちんと完治まで薬を使い続けます。
その際のお腹の赤ちゃんへの副作用はないので安心して治療できます。

妊娠中のカンジタ感染はよくある話です

カンジタとは、カンジタ菌が繁殖することによって起こる膣炎です。
特徴的な症状としては、猛烈なかゆみや白いポロポロとしたおりものが出る、というものがあります。
デリケートゾーンの話なのでなかなか人に相談しづらいという方も多くいるようですが、実はカンジタ膣炎にかかるのは全く珍しいことではなく、よくある話なのです。
カンジタ菌とは、腸内や皮膚に普段からいる常在菌です。
抵抗力や免疫力がある場合には何ら問題はないのですが、免疫力が落ちてしまうとかゆみなどの炎症を引き起こすのです。
特に妊娠中の方などは免疫力が落ちているため、かかりやすくなります。
また、風邪などをひいて抗生物質を服用していると、一時的に体内の良い菌まで殺してしまうため菌の繁殖を抑えられなくなり、かかりやすくなると言われています。
全く恥ずかしい病気ではありませんし、塗り薬などですぐによくなるので、かかってしまった場合はすぐに婦人科にかかるのがおすすめです。