知識をつけてカンジダの不安を減らす

知識をつけて不安を減らす 性病として認識している人もいるカンジタですが、実際には多くの人の身体に存在している菌です。そのため何らかの原因で発症することがあるため、性病とは異なるので不安がる必要はありません。
カンジタ発症の原因として免疫力の低下があり、具体的には寝不足やストレス、不規則な生活、乱れた食生活が原因として挙げられます。そのため免疫力が低下しないような生活を送ることが発症を防ぐポイントになります。また抗生物質を服用していると発症することがありますが、こちらは他の病気の治療のためなので、ある意味防ぎようがないのかもしれません。
ところでカンジタは女性に多く発症しやすいことを知っているでしょうか。これは女性が月経周期によって膣内が酸性に傾く時や、月経時にナプキンを使用している間に菌が繁殖しやすいことが原因ともされています。そのため月経時は経血量が少なくてもこまめにナプキンを交換しましょう。また女性は自分の性器の匂いが気になって、ボディシャンプーを使用して念入りに洗う人もいますが、これでは良性の菌を殺してしまい菌のバランスが崩れ、カンジタになる可能性があります。膣周辺はシャワーで洗うだけで問題がないので、洗いすぎには注意しましょう。
原因が分かれば対策を取ることが出来るので、日々の生活を不安がらずに送りましょう。

カンジダは性感染症ではない

カンジタは性交渉によって稀に感染することがあるため、性感染症だと思っている人がいますが実際にはそうではありません。カンジタは多くの人の身体に存在している菌であり、免疫力が低下するような生活を送ったり、抗生物質を服用することで発症します。しかし発症初期の症状で発症していることに気付かないまま性交渉をすることで、パートナーに感染させてしまうことが稀にありますが、元々身体に存在している菌なのでそれが原因になることは低く、発症の原因としては自身の免疫力低下や抗生物質の服用が主な原因になるので、カンジタは性感染症とは異なります。
カンジタが発症した場合、おりものの増加や異臭がするなど性器に関する症状や、性交痛や排尿痛などを感じることがあります。初期症状であれば十分な睡眠を確保したり、バランスの良い食事を心掛けたり、ストレス発散するような生活を送ることで自然治癒することも可能です。
しかし症状が長引いたり強く出るのであれば医療機関を受診し、必要であれば治療をすることも大切です。