カンジタ治療の病院での流れ

カンジタ 治療の病院での流れ カンジタが疑われる様な症状が現れた場合まず専門の病院(男性は泌尿器科・女性は産婦人科)を受診し医師の診察を受けた後にカンジタ検査が実施され検査の結果陽性であればカンジタの治療が始まります。
但し病院によって検査の結果が分かるまでの日数にバラツキが有る様ですので、既にカンジタの症状が表れて辛い場合も有りますので、事前に検査の結果までの日数を確認しておいた方が無難です。
女性の場合の治療は膣内奥の患部に抗菌剤イミダール系の塗り薬を長い棒状の器具を使用して塗布します。
男性の治療の場合も女性と同じ抗菌剤イミダール系の塗り薬を清潔を保った性器に塗布します。
男女ともにその治療を2回実施した後に完治したかを確認し完治しているのが確認出来れば治療は終わります、病院での治療は約一週間程掛かります。
また感染症の場合パートナーも感染している場合が多く、再感染による疾患の再発防止の為にもパートナーと一緒に治療を受ける事が大切です。

カンジタの原因

カンジタの原因はカンジタ菌に感染することです。
カンジタ菌は、大腸菌や赤痢菌などの細菌とは異なり、白癬菌等と同じ真菌(カビ)に分類されています。
この菌そのものは、肌の表面や腸内、膣など人体の様々な部位に生息しているほか、人体以外の環境中にもごく普通に生息しています。
カンジタが、免疫力が低下したときや細菌叢が崩れた時、適した環境になった時などに、はじめて繁殖し症状を引き起します。
症状は、膣や亀頭など性器に生じるもの、口腔内に生じるもの、皮膚に生じるものなどがあります。
女性器の方がこの菌の繁殖に適した環境を提供するので、性器に生じるものでは圧倒的に女性の方が発症しやすいです。
口腔内などで生じる場合は、HIVに感染している、あるいは糖尿病を罹患しているなど、免疫力が低下したことによる日和見感染症としての発症もあります。
この菌は常在菌ですが、性行為でも感染するリスクはあるので広義の性行為感染症にも分類されることがあります。