妊娠中のカンジタ膣炎

妊娠中のカンジタ膣炎 カンジタ膣炎は膣の中などの存在しているカンジタ真菌が、体調不良やストレスなど何らかの原因による体調の変化によって免疫力が低下した際に、増殖することによって起こる症状です。
性交渉などで感染して発症すると言うこともありますが、それだけではなく妊娠中の女性にも起こりやすい症状でもあります。
妊娠中は女性の体に様々な変化が生じます。その変化がカンジタ菌の増殖のきっかけを作ってしまうことがあるのです。 それによって、外陰部にかゆみや腫れ、発疹、痛みなどが生じます。個人差がありますが排尿痛を起こしてしまうこともあります。
またおりものが酒粕やカッテージチーズのような感じで、粒つぶしたものが混じっていたり、おりものの量が増えます。
妊婦検診でカンジタ膣炎と診断されることもありますが、検診も経過によっては膣まで受診されないこともあります。
出産時の赤ちゃんへの感染を防ぐためにも、気になるときには早めに医師に相談するようにしましょう。

カンジタの薬の即効性について

カンジタとはどのような症状が現れるものなのでしょうか。
女性がかかりやすいイメージがあるとおり、女性がカンジタになる確率はとても高く、これは性交渉などをおこなっていない、おこなったことがない方でもかかる病気です。
カンジタに関しては、婦人科または産婦人科で、検診がおこなわれます。
膣の部分などに酷いかゆみやチーズのようなぽろぽろとしたおりもの、臭みなどが出た場合には、間違いなくこの病気であるとされ、検診の結果、顕微鏡などで、実際にこの菌が膣内にいるのかどうか?がチェックされます。
その際には、菌がいた場合には、膣内の消毒、及び薬が処方されます。
薬については、膣内に入れることで、即効性がある膣錠剤のものと、膣部分にぬる、塗り薬などがありますが、どちらもすぐに効果があらわれるため、即効性はしっかりとしています。
風邪などにかかりやすい、体が弱い、体力がない、このような人の場合、カンジタになりやすく、また再発などがしやすいとされています。
また、このように風邪をひくため、強い風邪薬などを飲んでしまった結果、または病院で出される薬が強い場合には、また同じように菌が発生してしまうため、注意がとても必要です。